PCB廃油を無害化宣言【体に地球に優しいものにする】

科学

処理施設の設置

作業員

PCBといわれる廃油は健康被害をもたらすものとして産業廃棄物処理が必要となっています。基本的には1970年代にPCBを使用していたトランスや、コンデンサ等が、 人に害を及ぼすために禁止されたのです。ただそれから30年間は、それぞれの企業がPCBを使っている機械をを保持しなくてはいけなかったのです。ですから正式に2001年に、国が中心となりPCBの処理を制定したのです。そのせいでに関して期限が決まっていて、 2028年までに処理を終わらせることになっています。ですからその期限までに処理を終わらせないといけないので、処理している自治体などに早めに依頼しないといけないでしょう。心配された処理施設での健康被害なども報告されていないので、安全に処理ができているのです。

日本でPCBの廃油が問題となったのは、カネミ油症事件なのです。これにより、PCB廃油が社会的問題となり、使用の禁止や処理の推進が始まったのです。PCB廃油は、コンデンサやトランスなどに使用されていることが多く、それを使っている企業などは、勝手に廃棄することができないので保管をしなければいけなかったのです。最近では処理施設が設置されたので、それぞれの企業が産業廃棄物として処理してもらうことができようになっています。ただ、PCB廃油を使っているものなのかそうでないのかの判断には注意しないといけないでしょう。それぞれの機械には何を使用しているかが表示されていますので、PCB廃油に該当するものを使っているのであれば、処理をお願いすると良いでしょう。