PCB廃油を無害化宣言【体に地球に優しいものにする】

科学

処理施設の設置

作業員

健康被害をもたらすPCB廃油の禁止は、1970年代に決まったのですが、正式に処理が推進されたのは2000年になってからのことなのです。また処理の期限も決められていて、2028年には処理を終わらせる予定となっています。

Read More...

ポリ塩化ビニフェル化合物

表示

PCBを含む高圧トランスや高圧コンデンサ、安定器などを廃棄しようとした場合、各都道府県に届け出を行なう必要があり、手間も掛かります。しかし、廃油專門の廃棄業者に依頼をすることでスムーズな処理が可能になります。

Read More...

Associated Link

  • Different-GER 株式会社ディファレント分析サービスサイト

    低価格を実現することができる!SGS分析について詳しいことが掲載されていますよ。まずは見てみるといいでしょう。

廃棄物処理の現状と今後

グラフ

PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物を無害化する処理について説明します。ポリ塩化ビフェニルは化学的に性状が安定しており、燃えにくく絶縁性が高いため電気機器用の絶縁油などに広く利用されてきましたが、発がん性があることが分かったため、製造が禁止され、PCBを含む廃棄物の保管が義務付けられました。 PCB廃棄物の種類は、高圧トランス・コンデンサ等、安定器等・汚染物、微量PCB汚染廃電気機器等があります。処理方法としては、例えば廃油は専用タンクと移送ラインを用いて二次燃焼室に吹き込み、固形汚染物・処理物は密閉容器ごと処理されます。850℃以上の高温で2秒間以上燃焼させることで無害化が完了します。 このように無害化することで、人の健康被害や生態系への影響を防ぎ、私たちの安全と安心に貢献しています。

平成24年12月のPCB特別措置法施行令の一部改正に伴い、PCBの処理期限は平成39年3月31日までになりました。今後、これら廃油や廃棄物の処理を進めるにあたっての課題となるのは、PCB残留性、毒性、広域移動性を考慮した取り組みをしなければならないということです。また、処理推進に当たっては、より一層の安全性、処理体制の確保、廃棄物処理施設間の連携を図って円滑に進めていくこと、国民への情報提供などが求められます。中間貯蔵・環境安全事業(JESCO)が提出した試算によると、概ね平成35年度まで処理期間を短縮できる見通しだそうです。これは各処理施設が十分に能力を発揮できること前提ですので、廃油処理が得意な事業者には廃油を多く任せるなどの連携が求められます。

環境への害がある廃棄物

女性

人体や環境に害を与える可能性のあるポリ塩化ビフェニル廃棄物(PCB)はそのまま廃棄することができないため、許可を持った業者に処理を依頼する必要があります。PCBを含む廃油は現在は特定有害産業廃棄物にも指定されているので、法令に関する適切な知識を持った業者への依頼が必要でしょう。

Read More...